messege
***************************************************************


日本オイスター協会認定のオイスターマイスターです。
あっけし牡蠣博士でもあります。
オイスターなイベントで牡蠣あけのご依頼をいただくようになりました。
ふだんは青山のヘアサロンでOL中。
Love Oyster!Love Champagne!

Kaki☆girl Facebook Page http://www.facebook.com/kakigirls
日本オイスター協会HP http://oysters.jp/pc.php
Jr. Oyster Meister 検定、オンライン受験できます↑↑↑

***************************************************************

☆ 10月のスケジュール ☆

9日(水)『ワイン×牡蠣の会』@BAR寺【渋谷】
12日(土)『ワイン×牡蠣の会』@BAR寺【渋谷】
23日(水)『ワイン×牡蠣の会』@BAR寺【渋谷】
31日(木)『Halloween Party』@Trattoria LA ENERGIA【広尾】


Oyster Partyおよび牡蠣あけ師派遣のご相談は、
Facebookのメッセージからご連絡ください。
↓ ↓ ↓
Facebookhttp://facebook.com/yu0716ruby
Twitter ⇒http://twitter.com/ruby0716


***************************************************************

2011年12月11日

【牡蠣+工藤シェフ連合軍】vs【サントリーワイン軍団】@MAIMON銀座

日本オイスター協会のイベントに参加してきました。

なんと今回は、協会×MAIMON銀座×サントリーワインインターナショナルのコラボという
贅沢な企画で、牡蠣とシャンパンのマリアージュ!
大好きなローランペリエが振舞われるなんて〜!

どの牡蠣がシャンパンに合うかと食べ比べをしたり、
ワインについてのお話を聞かせていただけたり、
とても美味しく楽しいイベントでした!

頂いた生牡蠣はこちら↓
画像 006.jpg

・福岡 ダイモンダイヤ
・サロマ湖
・九十九島
・九州 唐泊恵比須牡蠣
・NZキリタベイ NZ
・NZキャッツアイ タスマニア

私は、濃厚でクリーミーなマイモンダイヤが一番シャンパンに合う!と感じたのですが、
みごと第一位で一番シャンパンに合うオイスターと発表されていて、
自分の味覚が多数意見派だったことにちょっと安心。

その他、MAIMONさん自慢の牡蠣料理の数々に舌鼓〜♪
画像 007.jpg


今回お伺いして気になった興味深いお話。

『ワインとお食事の合わせるコツ』
@同じ出身地で合わせる
A味わいを補う(例えば、レモンの酸味の代わりにシャンパンを、など)
B同じような味わいで合わせる

『なぜワインをデキャンタージュをするのか』
@ワインの温度を上げる(一回のデキャンタージュで1.8度上昇)
Aオリをのぞく
B空気に触れさせることで、固まった分子をバラバラに。→まろやかに♪


それから、どんなお料理にも生牡蠣を使うのがいいような気がしていたのですが、
加工用の牡蠣は、身が縮まらず、特に広島の大粒の冷凍牡蠣が加熱料理に向くそうです。

わざわざ高い生牡蠣でなくても、お得な加熱用の冷凍牡蠣のほうがいいなんて、
嬉しい情報!

しかも加工ものほど栄養豊富だなんてビックリです。

素敵なお話と美味しいお料理に大満足の1日でした。



posted by ゆう at 22:21 | Comment(0) | Oyster | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。